ワキガとは?

アポクリン腺・エクリン腺

汗の腺にはエクリン腺アポクリン腺の2種類があります。
エクリン腺はほぼ全身にくまなく分布しており、体温調節を担当していて、ここから出る汗の主成分は塩分になります。 一方、アポクリン腺は、ワキの下をはじめ乳輪、へその周囲、外耳道、外陰部、肛門の周囲など限られた部分にのみ分布し、毛穴から出ています。
 このアポクリン腺から出る汗の成分は、脂肪・鉄分・色素・蛍光物質・尿素・アンモニアなどで、粘り気のある乳白色がかった液体です。このアポクリン腺から出る汗自体はほとんど臭わないが、皮膚の細菌によって分解されると独特のニオイを発するようになります。これがワキガの臭いです。エクリン腺からの汗は、このニオイを広がらせる役目を果たします。
 ワキガ体質の人は、通常の人に比べて、このアポクリン腺の数が多いために臭いや汗が多くなります。だれにでもこれらの汗腺や細菌は存在しますので、全く汗をかかなかったり、全く臭いのしない人はいません。あまりに自分の臭いを気に過ぎるのは良くないことです。ワキガの治療ではこれらを全くなくすのではなく、通常のレベルに落とすことが目的になります。

すそワキガについて

アポクリン腺はわきの下だけでなく、陰部にも存在しますので、陰部よりわきが臭を発する人もいます。これをすそワキガといいます。聞きなれない言葉ですが、意外と悩んでいる人が多いものです。大陰唇切除術やボトックス治療などが効果的ですが、最新の切らないワキガ・多汗症治療ビューホットがお勧めです 。

多汗症とは?

エクリン腺かアポクリン腺かにかかわらず、汗の分泌が多い症状です。多くはエクリン腺から分泌される汗が原因です。これはワキの下だけではなく、手足や顔にも起こります。精神的な緊張で起こることも多いものです。

ワキガ・多汗症の治療について

通常の人でも汗をかきますし、臭いもあります。治療の目的は、汗の量と臭いを減らし、通常の人並み以下にすることとお考えください。汗を全くかかなくさせるのは、皮膚をすべて取り除かない限り無理だと言うことになります。 ワキガ手術の難しさは、手術の効果と皮膚の負担のバランスを上手く取る必要があるところです。
手術に抵抗がある方は、最新のワキガ・多汗症治療ビューホットですと、気軽に受ける事が可能です。また、どの治療でもメリットとデメリットがありますので、カウンセリングでしっかりと理解した上で治療法を選択することが大切になります。 多汗症治療に関しては、手術の他、ボトックス、ビューホット、交感神経切除術などで治療しますが、精神的な要素が大きい方の場合、抗不安剤の処方で改善することも多くあります。

大阪・梅田の美容外科メールカウンセリング 大阪・梅田の美容外科予約